プチ旅行はエネルギーの源!心の洗濯も一緒にいかが?

プチ旅行で楽しさ倍増!

最近、旅行をしましたか?すでに、海外旅行に行ったという方もいらっしゃるかもしれませんね。海外とまではいかないけれど、国内旅行をした方も、もちろんいらっしゃることでしょう。でも、何も遠いところへ行くばかりが旅行ではありません。例えば、いつも通勤で利用する電車に乗って終点まで行く。あとは気のみ気のまま、電車を乗り継いで適当に興味がそそられたところで下車。そこで、食べ歩き、写真撮影など好きなことをするという「プチ旅行」はいかがでしょうか?いつも利用する路線でこんなところもあるのか!と新たな発見と驚きで心も満たされるのではないでしょうか?一人で行っても友人と行ってもいいですが、「一人プチ旅行」は、旅行自体をより楽しめると思います。

「プチ旅行」の成功のコツ!

「一人プチ旅行」を成功させるには、まず、自分が行きたい場所を大体でいいから決めましょう。そのとき、あまり遠くないほうが気軽に行けるかもしれませんね。別に宿泊しなくても、日帰り旅行でも全く問題ないですよ。あくまで、自分が主体なので、自分がやってみたいことを心から楽しむというのが、この旅行の基本的な考えです。人間はいつも同じ生活圏だと、どうしてもパターン化した生活になってしまいます。それをたまには、打ち破る必要があると思いませんか?心に新しい風を吹き込ませるのです。そして、心の洗濯をするのです。車窓からの見慣れない風景、旅先で出会う道行く人々。おいしい料理などなど、楽しめるポイントはたくさんあるはずです。それらをどれだけ見つけられるか?「プチ旅行」の成功のコツはここにありそうですね。

観光協会

疲労と眠気抜きは必須!?ドライブ旅行で必要な心掛けとは

休憩時間帯やスポットを予め設定しておく

時として数百キロの距離を延々とドライブし、その間車外に一歩も出る事の無いケースもあり得るロングドライブの旅行。特に暑い真夏のドライブは想像以上に体力を消耗し、疲労やそれに伴う強い眠気が不意にやって来る可能性が高いもの。高速道路のど真ん中で急な眠気に見舞われて大変な思いをした人も多い事でしょう。予めこうした事態を想定し、最も疲労と眠気がきつくなりそうなエリアを見極め、その中で確実に数時間は仮眠休息が取れるパーキングエリアやサービスエリアを休憩タイムの場所として組み入れておくのが良いでしょう。それらの時間を含め、出来るだけゆとりある全体のスケジュールを組むのが正解なのです。もちろん候補は1箇所でなく数か所を想定するのを忘れずに。いざ渋滞に捕まった場合でも、候補に入っている直近のパーキングエリアに滑り込めるので、絶対に無理が生じないのです。

出来るだけドライバーは複数人の交代制で

単独のロングドライブ旅行は最高のプライバシーが確保され始めこそ極めて快適なものですが、それも出発後半日も経てば事情が変わってきます。疲労で猛烈な眠気が襲ってきても交代する人がおらず、スケジュールを守る為に強引に運転し続ける事により気分やコンディションもやがて最悪なものとなってしまうからです。やはり数百キロ単位の片道ドライブを必要とするドライブ旅行の際は無理せず2人以上のドライバーを確保し、適宜交代し全員で楽しみながら行程を進めた方が良いですよね。どうしても狭苦しく落ち着いて車内泊出来るだけのスペースを確保したいというのなら、無理してマイカーを利用するのを止め、思い切って車内スペースの広いSUVやワゴンをレンタルするのはどうでしょうか。3人程度までならスペースは十分な上、レンタル料も人数分で割ればそう痛い出費にはならない筈ですよね。

旅芸人

温泉旅館の満喫方法!数種類の温泉の賢い入り方

温泉に入るタイミングは浴場のスタイルで考慮する!

全国各地に存在する温泉郷エリアには、数多くの温泉旅館があります。大小様々な温泉宿がありますが、中規模以上の宿になると数種類の浴場を備える旅館が多いですよね。このような旅館の場合、すべての浴場を満喫するためにおさえるべきポイントがあります。それは時間帯と気温、そして景観が関係しています。温泉が気持ち良く感じるのは、暑い気温よりも涼しい気温や、少し寒いくらいの気温です。さらに、景観が魅力的な露天風呂などは夜間に入ると開放感はありますが、景色を楽しむ事が出来ません。したがって、理想な順番としては到着後、まずは大浴場に入り夕食を楽しみます。続いて就寝前にもう一度大浴場に入り、翌朝一番で露天風呂に入るようにする順番がオススメです。

露天風呂とアルコールの関係がポイント!

温泉を楽しむためのポイントに気温が関係していると説明しましたが、それは体温が低い程熱い湯船が気持ち良く感じることに起因しています。それは夕食のアルコールにも影響を与えるため、夕食後すぐに温泉に入る事はオススメできません。アルコールを飲んだ後は体温が高く温泉の気持ち良さが半減するだけでなく、健康的にも良くないですよ。そして翌朝に露天風呂がオススメな理由は、寝起きの体温が低い状態で朝の涼しげな風を浴びながら湯船に入る事で、夏のシーズンでも気持ち良さを最大限感じられることです。また、朝の空気は澄んでおり景色も夜間より楽しめるため、早朝の露天風呂はまさにベストなタイミングですよ。是非、今回紹介した順番と時間帯で温泉に入ってみてはいかがでしょうか。

バカンス

旅行中に注意したい事、楽しみながら帰れる様に。

旅行に有りがちなトラブルについて。

旅行は楽しい、が通常なのですが、時には気分が逆転してしまう事があります。楽しい旅行を満喫中に、「財布を落としてしまう」時があります。これはもう、本人にはかなりピンチなトラブルです。誰しも財布を落とす可能性はゼロではないのです。時にはトラブルにあってしまう場合がありますから、対策は事前に必要です。荷物が多いとストレスも溜まりやすくなりますが、財布と身分証明だけは別にしておきたいところとなります。財布と身分証明を失ってしまうと、気分は最高の逆になりますから、注意したいところです。保険に加入しておけば、財布などを紛失しても保障してくれる様ですね。念には念を入れて、万が一に備えて万全な状態で旅行を楽しめれば良いと思いますね。

人が密集する所は回避、旅行客が殺到する時は。

実は人が多ければ多いほど、トラブルは起きやすいものです。いろいろな人がいますから、いきなり怒りだす人もいます。可能ならば、旅行する人はツアー客や観光客が殺到するような時期やタイミングは避けた方が良い事は多い様に感じますね。人が少ないタイミングや時期などに有名地に旅行として行く事が可能ならば、ストレスを回避出来る、トラブルに巻き込まれなくてすむ、という事にも繋がります。リラックスして旅行を楽しめますから、「元旦に初詣にいくのではなく、日にちをずらしてお参りに行く感覚」と近い様に思えます。リラックスして楽しめる、は人が少ない事と関係はあります。しかし、賑やかが好きな方ならば、旅行客が殺到するタイミングを狙うのも良いでしょう。

放浪

LCCでお得に旅行をする際に気を付けたいこと

手荷物は有料になる場合がある

飛行機を使う旅行は高いという時代は終わりました。今では、お得なLCCを使って国内だけでなく国外までも自由に旅行できるようになっています。しかし、やはり大手の航空会社と比べると注意しなければいけない点がいくつかあるのです。一つ目として、手荷物が有料になる場合があるということです。航空会社によって規定が異なるのですが、平均的に手荷物と基準以下の大きな荷物の2点だけが機内に持ち込み可となっています。大きな荷物が基準の大きさを上回った場合や、もう一つ別の荷物がある場合には、ネットでチケットを予約する際に予め荷物についてチェックを付けておかなければいけません。当日に空港で預かって貰うことは出来ますが、ネット予約よりも高額な場合が多いのです。

空港には余裕をもって到着しよう

LCCに乗る際の二つ目の注意点として、空港には余裕を持って到着するようにするということです。大手の航空会社の場合、いくつものカウンターが並び、空港から直接機内に移動できるようになっている場合が多いのですが、LCCですとそうはいきません。空港にもよるのですが、間借りのような感じでカウンターがある場合も多く、しかも大手の航空会社よりも不便な場所にあるのが通例なのです。しかも搭乗口から飛行機までバスで移動する場合も多いので、搭乗出来る時間帯が決まっていることも多いのです。ですので、少しでも遅れると飛行機に乗りそびれてしまうという事態が発生してしまうのです。お土産に熱中する余り、時間を過ぎるということが無いように気を付けましょう。

余暇