寝ながら移動?夜行バスの特徴を理解して活用する

夜行バスという手段を利用する

旅行においては、目的地へ向かう場合日中に移動して現地入りするというパターンが存在しています。日中に現地入りする場合、現地で長時間滞在しようとするならば自宅を早くに出ることが求められます。さらに、現地でさらなる滞在をする場合には宿泊して翌日に持ち越すということが求められます。すると、それだけ資金を要することになるためまとまった資金が必須です。このようなケースにおいて、旅費代を抑えて時間を長く確保したいという場合には夜行バスを利用する手があります。夜行バスが持つ特徴を理解することによって課題を解決する際に活用することができます。それでは、夜行バスを使うことによってどうして課題を解決することが可能になるのかをチェックしていきましょう。

寝ている間に目的地へ

夜行バスは夜遅くに出発をして、翌朝に目的地に到着するシステムになっています。そのため、夜行バスを利用することで夜の間に移動するスタイルとなるため次のような利点が発生します。夜の間に移動して翌日に到着するので、それだけ時間を確保することができるようになります。そのため、滞在時間が長くなって現地で過ごす時間が増加していきます。さらに、夜の間にバスに乗車している形になるので宿を確保することがありません。つまり車内で寝ることになるので、宿泊代金をカットできるという特徴も保有しているということです。このように、夜行バスを利用することで宿泊代金を費やすことなくさらに滞在時間を増やせるので課題を解決していきます。

キャンピングカー

旅行しよう!沖縄は違った世界、楽園に近い!

沖縄は信じられないほどの大自然がある!

沖縄は他の都道府県と比較すると明らかに違う、大自然があります。海も近い、海は綺麗、大きな虹が見れる可能性がある、ビックリする様な生き物がいたりなど、サプライズが沢山あります。いりおもて山猫は絶滅寸前の天然記念物として指定がされていますが、見れたらラッキーですね。マングースとハブも沖縄に生息する生物ですが、沖縄はやはり良い意味で他の都道府県とは違います。生涯の内に一度は行ってみたい場所とも言い切りたいですから、沖縄は特におすすめします。大自然の中で、美味しい物も沢山食べれると、自然と元気になります。太陽光も強く、気温も高い事が基本ですが、日光は人を元気にします。気温が高いと自然と気分も高揚しやすくなります。

食べ物もスーパーフードなみの物があります。

沖縄の美味しい食べ物には、ミミガーやちんすこう、ドラゴンフルーツやノニなどがあります。ミミガーはコラーゲンが大量に含まれていますから、健康にも良いですよ。ちんすこうは沖縄独自のお菓子であり、甘いけれど食感が良い素晴らしいお菓子です。ドラゴンフルーツは名前からして珍しいですが、みかんけも凄く特徴があります。ピンク色をしている物がありますから、フルーツの中でピンクは珍しいとしか言いようがありません。ノニは味に癖がありますが、身体には美味しいメリットだらけのミラクルなフルーツです。沖縄は長寿の「世界」とも言えますから、やはり旅行に行くならば沖縄はおすすめがしたいところです。神秘を感じさせられますから、大自然を見ただけで感動を得られます。

タビマスターズ

女性の一人旅は危険?海外の一人旅で気を付けるべきこと

絶対に夜間に一人歩きをしない

最近では、国内に限らず海外にも一人で旅行に出かける女性が増えています。一人であるが故のメリットは多く、何ものにも縛られずに自分の行きたいところに行くことも出来ますし、思いがけない出会いがあることも……しかし、それ以上に女性一人で海外旅行をするためには、注意しなければいけないことがたくさんあるのです。まずは、絶対に夜間に一人で出歩かないことです。日本は例え夜中に一人で歩いていても、危ない目に合うことはほとんどありませんが、平和すぎる国だからこそ可能なのです。旅行先の国の事情も余り分からないのに、むやみに夜中に出歩くと、犯罪に合う確率が一気に跳ね上がってしまいます。用心するに越したことはありません。

ブランド品を身に着けないこと

旅行に行く際に、はりきってオシャレをする女性は少なくありません。しかし、それはとても危険な行為だということはご存じでしょうか。他の国では一般的に、ブランド品は一定以上のステイタスや財力を持っている人が身に着けるものとされていますので、若い女性がむやみにブランド品を身に着けていると、格好の餌食になってしまうのです。国内では良いとされているファッションも、国が変われば奇異に映るということも覚えておいた方が良いでしょう。その国に馴染むような、ふつうのファッションを心がけると良いでしょう。素晴らしい晩餐会などに及ばれてしている等でない限り、質素で動きやすいファッションに身を包んで旅行を楽しむ方が良いでしょう。

ホームエクスチェンジ

仕事でイライラ…ストレスが溜まってきたと思ったら!

仕事仲間と女子旅でリフレッシュ!

仕事をしてるとストレスが溜まりますよね。毎日上司からは注意されたり、理不尽な事で言われたり…行くのが憂鬱になる事ってありませんか?そんな時には!同じストレスを分かち合える仕事仲間と女子旅がお勧めです。温泉に入ってゆっくり日々の疲れを取り、夜は女子呑みです!エステが出来るホテルもあるし、日常の嫌な事を全部忘れてしまうでしょう。女子だけで泊まると宿泊料金が安くなる旅館・ホテルもあるのでいいですね。そう思ったら職場の同僚に声を掛けてみましょう。何人かに声を掛けたら一人は同じ考えの女性がいる事でしょう。旅行でストレス発散!そう決まったら宿探しです。女子だけなら異性を気にせずに寛げるし、本音で語り合う事も出来るでしょう。

ストレス発散!女子力もアップ!

せっかくの女子旅!ストレスを発散しつつ女子力向上の旅行にしたいですよね。そこでプランの計画が大事です。ノープランで行くとせっかくの旅行の時間を無駄にしてしまう事も…まずは!露天風呂を選びましょう。海が見える景色のいい宿がいいですね。温泉につかってゆったりと時間を忘れてしまいそうです。あとはエステができる宿泊施設がお勧めです。ゆっくりマッサージされて女子力向上ですね!やっぱり食事はブッフェです。おしゃれな食事に囲まれて、同僚と職場の事を話しながら朝まで語り合いたいですよね。パワースポットめぐりなんかもお勧めです。普段体験出来ない事を思いっきり体験しましょう。そうするとまた仕事を頑張ろうと思えるのです。

タビマスターズ

旅行に出かける時のカバン選びの方法について

旅行の日程に合わせて選ぶ

旅行に出かける際には、日帰りの旅行を除いてはスーツケースやボストンバッグなどを持って行くことになりますが、その際には、旅行の日程や荷物に合わせたカバンをチョイスしましょう。まず3日程度の旅行の場合には、一番小さいサイズのスーツケース、あるいはリュックサックでも事足りるので、特別大きなカバンを用意する必要はありません。また3日から5日程度の旅行でも同じであり、小さめのスーツケースあるいは、リュックにボストンバッグを持っていけば、旅で必要な荷物はすべて収納しておけます。短めの日程の旅行の場合には着替えなどもあまり持っていく必要がないので、大げさな大きさのバッグではなく、スマートでコンパクトに納まるものを持っていっきましょう。

海外旅行や長期滞在なら大きめのカバンを

海外旅行などで長期滞在の旅行に出かける場合には、大きめのカバンを用意しておきましょう。スーツケースの中でも特大サイズのものを用意しておけば、長期滞在に必要な荷物をすべて詰め込むことができます。海外へ出発する便の場合、ある程度の重さのスーツケースでも追加料金を支払わずに預け荷物とすることが可能です。スーツケースの大きめのものは、1週間から数週間の滞在に必要な荷物や旅行用品を詰め込んで置けるので、大旅行に備えることができます。現地でコインランドリーで衣類を選択する方は、必ずしも特大サイズである必要はないのですが、帰りの荷物や旅先で必要なものを考えるのならば、大きめのスーツケースを持って行っても損はありません。

旅行写真

旅行をより楽しくするためのちょっとしたコツ

旅行プランは余裕を持つことが重要

旅行を楽しむための秘訣の一つとしてはハードスケジュールにしないということが重要になってきます。旅先によってはいくつも観光名所があって、旅行者としてはその全てを回りたいという気持ちから、ハードスケジュールにしてしまうことがありますが、こうした旅行プランは旅行を台無しにしてしまう要因になってしまうのですよ。旅行ではしっかりと余裕をもってスケジュールを立てて、ゆっくりと観光地を巡ることが重要になってきます。どうしても全ての観光地や人気スポットを周りたい時などは連泊にするなどの工夫をすることが大切ですね。時間的な余裕を持って観光地などをめぐるということが、旅行をより一層楽しむための必要不可欠な要素になってくるのです。

旅行を楽しむには渋滞を避けること

旅行を楽しむために欠かせないのが、渋滞やラッシュを避けるということです。これは移動の際にも言えることではありますが、渋滞にはまってしまいますと、何もしないでいる時間が多くなってしまいますので、せっかくの旅行が勿体ないことになってしまいます。また、混雑している状態ですとイライラしてしまうという方も非常に多いので、旅行においては渋滞を避けて行動できるようなスケジュールを立てることが大切になってきます。さらにアミューズメント施設などでも人気のアトラクションになりますと、数時間待ちの行列が出来てしまうということがよくありますので、こうしたアトラクションに関しても平日を狙うなどちょっとした工夫をするということが大切になってきます。

タビマスターズ

旅行中にお土産を買うなら、何が良いのか!

誰にでも気に入られるお土産選び。

お土産は旅行客の定番でしょう。知り合いや親戚、友達や家族が多い人には、お土産はたくさん買って帰らなくてはならないのかもしれないですね。お土産は各観光地や場所によって、たくさんの物もあり、なかには珍しい品物がある時もありますから、お土産選びは楽しめるでしょう。どんなお土産を買って帰れば良いか悩んでしまう方には、お菓子の詰め合わせをオススメしますね。お菓子の詰め合わせでも、その観光地独特のお菓子である事が条件ですが、ひとりひとりに違うお土産を買うと、疲れてしまう場合があります。キーホルダーもひとりひとりが違う様に買うのも少し大変ですから、お土産を統一させる事をオススメします。それかお菓子の詰め合わせを2種類に分けるのも良いでしょう。

クセのあるお土産は避けた方が良い場合あり。

お土産にも中にはクセがある独特の物があります。不思議な形をしたキーホルダーや、パワーストーンを使ったアクセサリーや、不思議な味や形をしたお菓子などたくさんあります。お土産を貰って喜んで貰う為にも、クセのある物は避けた方が、喜んで受け取って貰える確率を上げます。お菓子を貰って嫌がる人は明らかに少ないですから、オススメします。食べ物で更に観光地独特の美味しい物は、貰って喜ぶ人は多いでしょう。しかし、中には不思議な物が好きな人もいますから、その人をよく知っている場合には、珍しい品物を送るのも良いでしょう。はにわや土偶などはクセがありますが、日本古来の文化を感じさせる縁起物でもありますから、はにわや土偶の類も面白いですよ。

観光

旅行に行きたい!じゃあ、何処へ行こうか。

北海道に旅行しに行く、素晴らしい世界を発見。

全国を旅行する方もいらっしゃれば、海外を飛び回る精力的な方もいらっしゃいます。日本人として日本全国を回るにも、ものすごい時間がかかるのですが、日本には良いところもたくさんあります。たとえば、北海道についてですが、北海道は明らかに面積が他県よりも広いという事が言えますが、素晴らしい大自然が目立ちます。大自然が目立つという事は野菜やその他の魚介類も生きがよい、という事でもあります。牛乳、ジャガ芋、バター、とうもろこしなどなど、やはりグルメにはたまらない美味しい食べ物がたくさんあります。沖縄とは真逆の気温差にはなりますが、寒い環境にも素晴らしい世界がたくさんに見られるのですよ。沖縄に続いて北海道もおすすめです。

沖縄とハワイの比較、どちらも素晴らしい。

北海道に続いて沖縄とハワイもおすすめします。沖縄は独特の文化と摩訶不思議な食べ物や生物が見受けられる、自然の神秘を強く感じられる世界です。沖縄の素晴らしさに感激して、沖縄に住みたがる方もいらっしゃる様ですが、それだけ空気と食べ物が美味しい、居心地が良いというメリットもある様に思えます。ハワイも沖縄と似た環境にありますが、ハワイは沖縄よりも更に開放的で、サーフィンや海で楽しむ傾向が強いという印象、イメージは多いようです。どちらも楽しい世界であり、太陽光がタップリと降り注ぐ温帯でもありますか、太陽光にタップリと当あたると心理的には気分が陽気になります。性格が暗めの方も太陽光をしっかり浴びると陽気になりますよ。

旅行

プチ旅行はエネルギーの源!心の洗濯も一緒にいかが?

プチ旅行で楽しさ倍増!

最近、旅行をしましたか?すでに、海外旅行に行ったという方もいらっしゃるかもしれませんね。海外とまではいかないけれど、国内旅行をした方も、もちろんいらっしゃることでしょう。でも、何も遠いところへ行くばかりが旅行ではありません。例えば、いつも通勤で利用する電車に乗って終点まで行く。あとは気のみ気のまま、電車を乗り継いで適当に興味がそそられたところで下車。そこで、食べ歩き、写真撮影など好きなことをするという「プチ旅行」はいかがでしょうか?いつも利用する路線でこんなところもあるのか!と新たな発見と驚きで心も満たされるのではないでしょうか?一人で行っても友人と行ってもいいですが、「一人プチ旅行」は、旅行自体をより楽しめると思います。

「プチ旅行」の成功のコツ!

「一人プチ旅行」を成功させるには、まず、自分が行きたい場所を大体でいいから決めましょう。そのとき、あまり遠くないほうが気軽に行けるかもしれませんね。別に宿泊しなくても、日帰り旅行でも全く問題ないですよ。あくまで、自分が主体なので、自分がやってみたいことを心から楽しむというのが、この旅行の基本的な考えです。人間はいつも同じ生活圏だと、どうしてもパターン化した生活になってしまいます。それをたまには、打ち破る必要があると思いませんか?心に新しい風を吹き込ませるのです。そして、心の洗濯をするのです。車窓からの見慣れない風景、旅先で出会う道行く人々。おいしい料理などなど、楽しめるポイントはたくさんあるはずです。それらをどれだけ見つけられるか?「プチ旅行」の成功のコツはここにありそうですね。

観光協会

疲労と眠気抜きは必須!?ドライブ旅行で必要な心掛けとは

休憩時間帯やスポットを予め設定しておく

時として数百キロの距離を延々とドライブし、その間車外に一歩も出る事の無いケースもあり得るロングドライブの旅行。特に暑い真夏のドライブは想像以上に体力を消耗し、疲労やそれに伴う強い眠気が不意にやって来る可能性が高いもの。高速道路のど真ん中で急な眠気に見舞われて大変な思いをした人も多い事でしょう。予めこうした事態を想定し、最も疲労と眠気がきつくなりそうなエリアを見極め、その中で確実に数時間は仮眠休息が取れるパーキングエリアやサービスエリアを休憩タイムの場所として組み入れておくのが良いでしょう。それらの時間を含め、出来るだけゆとりある全体のスケジュールを組むのが正解なのです。もちろん候補は1箇所でなく数か所を想定するのを忘れずに。いざ渋滞に捕まった場合でも、候補に入っている直近のパーキングエリアに滑り込めるので、絶対に無理が生じないのです。

出来るだけドライバーは複数人の交代制で

単独のロングドライブ旅行は最高のプライバシーが確保され始めこそ極めて快適なものですが、それも出発後半日も経てば事情が変わってきます。疲労で猛烈な眠気が襲ってきても交代する人がおらず、スケジュールを守る為に強引に運転し続ける事により気分やコンディションもやがて最悪なものとなってしまうからです。やはり数百キロ単位の片道ドライブを必要とするドライブ旅行の際は無理せず2人以上のドライバーを確保し、適宜交代し全員で楽しみながら行程を進めた方が良いですよね。どうしても狭苦しく落ち着いて車内泊出来るだけのスペースを確保したいというのなら、無理してマイカーを利用するのを止め、思い切って車内スペースの広いSUVやワゴンをレンタルするのはどうでしょうか。3人程度までならスペースは十分な上、レンタル料も人数分で割ればそう痛い出費にはならない筈ですよね。

旅芸人